NEWS

「九州大学の経営戦略に関する調査」説明会開催

公開日:2004.07.26

 

トピックス

Image
Image
  7月14日(水),15日(木)の両日,病院地区,箱崎地区,筑紫地区の3カ所において「九州大学の経営戦略に関する調査」説明会が開催されました。

 これは,平成15年度に本学が実施した「九州大学の経営戦略に関する調査」の調査結果により示された本学の強み,弱み等,抱える問題点を共有し,今後の改革に向けた意見交換を行うために開催されたものです。

 説明会には,役員から,梶山総長,中野理事,柴田理事(病院地区,箱崎地区出席),小寺山理事(筑紫地区出席),渡辺理事が出席しました。具体的な説明は,日本政策投資銀行の山口泰久氏が行い,併せて知的財産本部の谷川教授等が知的財産本部の概要説明を行いました。

 立ち見が出るほどの会場もあり,出席者からは,「知財本部には,資金調達のコンサルティングをやってほしいし,外部資金獲得のオーソリティになってほしい。」,「九州大学が『尊敬される大学』また『競争力のある大学』となるためには,プラスアルファの部分が必要ではないか。」等の意見がありました。

 総長からは,「九州大学が外部からどう評価されているか,認識してほしい。大切なことは、『人材育成』と『知の創造と伝承』であり、これはどのような状況においても不動のものである。教員にあっては、質の高い基礎研究、基盤研究をやっていただきたい。質の高い基礎研究、基盤研究の成果は、必ず人類にとって役立つ応用研究につながっていくのである。こういった課題意識を持ち、研究に取り組んでいただきたい。」旨の発言がありました。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る