NEWS

ノーベル化学賞受賞者 ジャンマリー・レーン博士による特別講演会を開催

公開日:2016.03.23

 

トピックス

 平成28年3月15日(火),ノーベル化学賞受賞者(1987年)であるジャンマリー・レーン(Jean-Marie Lehn)博士が来校し,「化学の将来展望:超分子化学から自己最適化学に向けて」と題した特別講演会(主催:高等研究院,共催:カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所)が開催されました。
 レーン博士は,会場いっぱいの聴衆を前に,超分子化学に関する自身の研究について,エピソード等を交えて講演しました。
 講演後は,若手研究者・大学院生らと活発に意見交換を行い,講演会は盛況のうちに終了しました。
 また,これに先立ち,同日,伊都キャンパス椎木講堂にて九州大学栄誉教授の称号授与式が行われました。これは,本学の教育研究活動の発展に多大の寄与及び顕著な功績があったとして授与されるもので,バリー・シャープレス博士,ムハマド・ユヌス氏に続き,ジャンマリー・レーン博士に本学3人目となる九州大学栄誉教授の称号が授与されました。

栄誉教授称号授与式(左:レーン博士 右:久保総長)

特別講演を行うジャンマリー・レーン栄誉教授

お問い合わせ

企画部学術研究推進課企画係

電話:092-802-2323
Mail:gjgkikaku★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る