NEWS

トピックス

公開日:2016.01.14

持続可能な社会のための決断科学センターと大学共同利用機関法人人間文化研究機構総合地球環境学研究所が協力協定を締結

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 本学の持続可能な社会のための決断科学センターと大学共同利用機関法人人間文化研究機構総合地球環境学研究所は,平成27年12月15日(火),協力協定の調印式を行いました。
 これまで,本センターと総合地球環境科学研究所の間では教員の個別の共同研究やFuture Earth研究の推進に向けた協力が行われてきました。
 今回の協定は,総合地球環境学研究所が実施している「自然科学と人文科学を高度に融合させた問題解決型の学際研究」と,本センターで実施している「問題解決型共同研究の現場での実践経験を通じたリーダーの育成」を目標とした決断科学大学院プログラムが連携することにより,持続可能な地球環境と人類社会の構築に資することを目的として締結したものです。
 伊都キャンパスで挙行した調印式には,総合地球環境学研究所から安成哲三所長らが出席し,持続可能な社会のための決断科学センターからは矢原徹一センター長らが出席しました。
 協定締結後,安成所長は「研究に参加してもらうだけでなく,広い視野を持った若い人(院生)の人材育成をしっかり行いたい。」と述べ,矢原センター長は「地域づくりという課題への取り組みと,その中で人をどう育てるかを,一緒に知恵を絞って考えていきたい。」と語りました。
 今後,決断科学大学院プログラムの学生らは,総合地球環境学研究所が実施する研究課題へ参加する機会を持ち,両者の連携による実践プロジェクトの推移,学生と教員の参加を通じた教育,研究を総合的に行う予定です。
 なお,調印式後には安成所長による決断科学特別講義「Future Earthセミナー」が開催され,多くの教員や学生が参加しFuture Earthの作られた経過やビジョン,最新動向,アジアでの課題などについて解説を受け,活発な意見交換が行われました。

写真

(上)協定書を取り交わす矢原センター長(左)と安成所長(右)
(下)「Future Earthセミナー」の様子

お問い合わせ

九州大学持続可能な社会のための決断科学センター
災害モジュール・サブリーダー
大槻 恭一(おおつき きょういち)
TEL:092-948-3100
E-mail:otsuki★forest.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

  • トップページ
  • NEWS
  • トピックス
  • 持続可能な社会のための決断科学センターと大学共同利用機関法人人間文化研究機構総合地球環境学研究所が協力協定を締結

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る