NEWS

トピックス

公開日:2016.07.07

第4回リサーチフロントアワードを安達千波矢主幹教授が受賞

トピックス

安達千波矢主幹教授

 平成28年7月7日(木)、トムソン・ロイターが主催している第4回リサーチフロントアワードが発表され、九州大学大学院工学研究院/最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA)センター長/国立研究開発法人科学技術振興機構 ERATO安達分子エキシトン工学プロジェクト 研究総括/カーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER)主任研究者の安達千波矢主幹教授が受賞しました。

 受賞研究(リサーチフロント): 蛍光OLED / 研究分野: 有機EL
 受賞業績の概要:  有機ELの発光材料には、蛍光材料、りん光材料、熱活性化遅延蛍光(TADF)材料があります。蛍光材料は発光効率が25%に留まり、りん光材料は発光効率が100%になったもののイリジウムなどのレアメタルを使用する必要があり、分子骨格も限定され開発に限界がありました。九州大学では2012年にTADFの分子設計の指針を明らかにし、発光効率100%の有機ELデバイスの開発に成功しました。これを皮切りに世界中で研究が加速され、新しい分子骨格のTADF材料とそれを用いた有機ELデバイスの開発が進んでいます。これにより、有機ELディスプレイや照明などの発光デバイスにおいては主要な材料が置きかわり、世界市場への展開が加速されていくことが期待されます。

 今回の選定では、数あるリサーチフロントの中でも過去2年間に収録された論文を対象に、日本の研究機関から生まれた高被引用論文で、最近の被引用数が上位0.1%と高い伸びを示したものが選ばれています。

 

第4回リサーチフロントアワードについて、詳しくは下記をご参照下さい。
http://ip-science.thomsonreuters.jp/press/release/2016/rf2016/ 

  

研究・開発チーム

(参考図)広がる有機EL発光材料

お問い合わせ

最先端有機光エレクトロニクス研究センター
電話:092-802-6920
FAX:092-802-6921
Mail:adachi★opera.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る