NEWS

トピックス

公開日:2018.08.24

新妻秀規文部科学大臣政務官が本学を視察

トピックス

 平成30年8月20日(月)、新妻秀規文部科学大臣政務官が本学伊都キャンパスを視察されました。
 新妻政務官は、久保総長や大学執行部と、移転が教職員や教育研究に与える影響や産学連携に係る本学の取組等について活発な意見交換を行われた後、大学公用車としては世界で初めて本学が導入した燃料電池自動車トヨタMIRAIにて「最先端有機光エレクトロニクス研究センター」(OPERA)に移動されました。同センターにおいて、安達千波矢主幹教授から、世界最先端の有機EL研究や実用化研究について説明を受けられた後、実験設備を視察されました。
 次に、「次世代燃料電池産学連携研究センター」(NEXT-FC)において、佐々木一成副学長から、本学における水素エネルギー研究について説明を受けられた後、企業ラボが入った研究施設を視察されました。その後、「水素ステーション」も視察され、燃料電池車の開発状況等について説明を受けられました。
 続いて、「味覚・嗅覚センサ研究開発センター」に移動され、都甲潔特任教授から、世界初の味と匂いを数値化して測定する技術について説明を受けられた後、実際にそれらの装置を御覧になりました。味覚センサと嗅覚センサの違いを質問されるなど、大きな関心を示されました。
 最後に、今年10月にグランドオープン予定の「中央図書館」を訪問され、宮本一夫図書館長の案内により、アクティブラーニングスペースや吹き抜け空間に面したダイナミックな壁面書架などを視察されました。
 移転完了を間近に控えた伊都キャンパスと、その最先端のキャンパスを活用した本学の教育研究に強い関心と期待を寄せられました。

新妻政務官と久保総長

OPERAで新妻政務官と安達教授

NEXT-FCで新妻政務官と佐々木教授

味覚・嗅覚センサ研究開発センターで都甲特任教授から説明を受ける様子

中央図書館で宮本館長の説明を受ける様子

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る