NEWS

トピックス

公開日:2019.01.23

勝野科学技術・学術総括官が本学を視察

トピックス

 平成31年1月11日(金)、文部科学省の勝野頼彦科学技術・学術総括官が本学伊都キャンパスを視察されました。
 勝野総括官は、はじめに、椎木講堂において、井上和秀理事・副学長、古川勝彦副理事および後藤成雅研究・産学官連携推進部長と、九州大学ルネッサンスプロジェクト(学部教育、大学院教育から研究者育成までの取組を連動させる持続的人材育成戦略)に基づく若手研究者育成の取組や産学官連携の取組等について、意見交換を行われました。
 次に、「最先端有機光エレクトロニクス研究センター」(OPERA)において、安達千波矢センター長から、革新的な有機発光材料に関する研究やその研究成果に基づく九大発ベンチャーの展開について説明を受けられた後、意見交換を行われました。
 最後に、「次世代燃料電池産学連携研究センター」(NEXT-FC)において、佐々木一成副学長から、本学における水素エネルギー研究について説明を受けられた後、企業ラボが入った研究施設や大型燃料電池実証機を視察されました。

井上理事・副学長から説明を受ける勝野総括官(左)

安達センター長から有機発光材料に関する説明を受ける勝野総括官(左)

佐々木副学長(左端)の案内で大型燃料電池実証機を視察する勝野総括官(中央)

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る