NEWS

トピックス

公開日:2019.03.14

工学研究院田中敬二教授が米国物理学会(APS)フェローに選出

トピックス

田中 敬二 教授

 本学工学研究院の田中敬二教授がアメリカ物理学会(American Physical Society)のフェローに選出されました。アメリカ物理学会は、1899年に設立された世界で2番目に大きな物理学者の学会で、現在、5万人を超える会員が所属しています。アメリカ物理学会フェローは、独自の優れた研究や教育によって物理学を進歩させた会員に授与される栄誉あるもので、選出は多段階による厳正な選考を経て決定され、その人数の上限は会員の0.5%以下となっています。
 田中敬二教授は、高分子物性を専門とし、異種固体や液体との接触界面での高分子の構造や物性を研究してきました。基礎研究はもちろん、得られた知見の社会への展開を目指し、多くの企業と共同研究も行っています。また、今年度より、国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)未来社会創造事業大型プロジェクト「界面マルチスケール4次元解析による革新的接着技術の構築」のプロジェクトマネージャーとしても活躍しています。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る