NEWS

トピックス

公開日:2014.09.26

大学院農学研究院と福岡県うきは市がブドウ新品種の栽培及び加工に関する協定を締結

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

   大学院農学研究院と福岡県うきは市は,平成26年9月22日(月),九州大学育成ブドウ新品種「BKシードレス」の栽培及び加工に関する協定の調印式を行いました。


 「BKシードレス」は,農学研究院の若菜章准教授を中心とする研究グループにより育成され,平成23年2月に品種登録されたことを受けて,福岡県内のブドウ生産農家による現地試験栽培が開始されました(当時のプレスリリース)。その後,試験栽培農家が本格的に生産・販売した「BKシードレス」が好評を博したことを契機として,うきは市と栽培産地化や加工開発に関する連携のあり方について協議を重ね,協定を締結しました。


 調印式はうきは市の「うきは果樹の村やまんどん」の「BKシードレス」が実るぶどう棚の下で行われ,うきは市からは髙木典雄市長,吉岡慎一副市長,岩佐達郎市議会議長らが,農学研究院からは平松和昭研究院長,井上眞理副研究院長,関係教員らが出席し,うきは市の「BKシードレス」生産者の方々が見守る中で,髙木市長と平松研究院長が協定書に署名しました。
 その後,若菜准教授が協定締結に至る経緯を説明し,平松研究院長から「自治体の施策や事業に積極的に関わっていくことで,課題解決に向けた取組や地域の発展に貢献するとともに,農学研究院の研究や人材育成に多大な成果が現れることを期待したい」との挨拶があり,髙木市長からは国内で栽培可能な全フルーツの生産や年間を通しての切れ目のないフルーツの出荷を目指すこと,生産者代表からは生産・加工に向けた意気込みが表明されました。

 うきは市などの試験栽培農家により生産された果実は,JAにじや福岡大同青果株式会社などを通じて出荷されています。さらに,「BKシードレス」の高品質果実ブランド「みつしずく」は,株式会社トキオ福岡により本格的に販売が開始されました。今後,大学での研究により育成された新品種の実用化を,自治体と連携して進めるモデルケースとなることが期待されます。


 プレスリリースはこちら

 

【写真】

(上)署名後,握手をする髙木市長と平松研究院長

(中)取材を受ける若菜准教授

(下)調印式参加者による記念撮影

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る