NEWS

トピックス

公開日:2019.07.09

吉野彰訪問教授、今年度欧州発明家賞(非欧州諸国部門)受賞

トピックス

 吉野彰グリーンテクノロジー研究教育センター訪問教授は、令和元年6月20日(木)に今年度の「欧州発明家賞」(非欧州諸国部門)を受賞されました。これは吉野先生が、旭化成時代に出願、権利化したリチウムイオン電池に関する基本特許の業績が認められたもので、欧州発明家賞の日本人の受賞はカーボンナノチューブの発見者、名城大学飯島澄男終身教授に続く4年ぶり、3件目の快挙となります。また、吉野先生は昨年、エネルギー基盤技術国際教育研究センター客員教授の時にも第34回日本国際賞(Japan Prize)を受賞されておられます。
 今年、11月26日(火)〜28日(木)に伊都キャンパスの椎木講堂で「第45回固体イオニクス討論会」(石原達己実行委員長,https://www.ssi-j.org/symp/ssij45/index.html)が開催されますが、大会2日目に吉野先生の基調講演が予定されています。

授賞式での吉野彰グリーンテクノロジー研究教育センター訪問教授

お問い合わせ

グリーンテクノロジー研究教育センター教授 岡田重人
Mail:s-okada★cm.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る