NEWS

トピックス

公開日:2019.11.21

令和元年度「山川賞授賞式」の挙行について

トピックス

 令和元年11月6日(水)、本学伊都キャンパスの椎木講堂において、九州大学基金支援助成事業「山川賞」の令和元年度受賞者に対する授賞式が挙行されました。
 平成24年度の創設から8年目、「令和」元号になって初めての山川賞は、2年次生42名、3年次生32名、計74名の申請があり、審査の結果、2年次生7名、3年次生3名の計10名が受賞しました。
 授賞式には、留学中の2名を除く2年次生6名、3年次生2名の計8名が出席し、本学からは久保総長、丸野理事・副学長、井上理事・副学長、荒殿理事・副学長、安浦理事・副学長、石橋理事・副学長、内藤理事・事務局長、山縣理事が出席しました。
 はじめに、久保総長から各受賞者に山川賞記念メダル盾の授与があり、その後、久保総長からの挨拶、受賞者と総長、理事との懇談が行われました。
 懇談では、各受賞者が受賞の喜びや今後の抱負を語る姿に、総長、理事からも自然と笑みがこぼれ、終始和やかな雰囲気の中、活発な意見交換が行われました。
 最後に、受賞者は山川健次郎初代総長胸像前にて記念撮影を行いました。 

【山川賞について】

 山川健次郎初代総長の名を冠した賞であり、九州大学教育憲章が指向する、人間性、社会性、国際性、専門性に対して優れた志を持ち、学業成績が優秀な学部学生を選考し、次代を担う若者を育てることを目的とした事業です。
 受賞者には学業を助成する奨学金として年間100万円が学部卒業年度まで給付されます。受賞した学生は自らの独創的な研究や海外留学等を積極的に行い、将来、社会の様々な分野で指導的な役割を果たし、広く世界で活躍することを目指し、日々活動に取り組んでいます。

記念メダル盾を授与される受賞者

久保総長の挨拶

懇談の様子

山川健次郎初代総長胸像と受賞者

お問い合わせ

総務部同窓生・基金課基金係
電話:092-802-2150
Mail:k-kikin★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る