NEWS

「福岡市制施行130周年記念式典」表彰について

公開日:2019.12.23

 

トピックス

 令和元年11月13日(水)、「福岡市制施行130周年記念式典」が福岡市民会館で開催されました。
 この式典は、福岡市の発展と円滑な運営実施に尽力され、特にその功績が認められる方を表彰するもので、この日、市勢の発展のため福岡市の行政に多大の貢献をされ、他の範となる7つの団体と、201名が個人表彰を授かりました。
 本学からも10名の個人表彰を受けました。
 表彰者は次の通りです。

 安浦 寛人(やすうら ひろと)理事・副学長
 ・地方自治の振興に尽くされた功績

村上 裕章(むらかみ ひろあき)法学研究院長・教授
 ・地方自治の振興に尽くされた功績

杉原 真司(すぎはら しんじ)アイソトープ統合安全管理センター准教授
 ・消防、防災事業に尽くされた功績

針塚  進(はりづか すすむ)名誉教授(人間環境学研究院)
 ・地方自治の振興に尽くされた功績

森田 昌嗣(もりた よしつぐ)名誉教授(芸術工学研究院)
 ・地域社会の発展向上に尽くされた功績

竹下 輝和(たけした てるかず)名誉教授(人間環境学研究院)
 ・都市計画づくりの推進に尽くされた功績

楠田 哲也(くすだ てつや)名誉教授(工学研究院)
 ・自然環境の保全に尽くされた功績

藤本 一壽(ふじもと かずとし)名誉教授(人間環境学研究院)
 ・自然環境の保全に尽くされた功績

有馬  學(ありま まなぶ)名誉教授(比較社会文化研究院)
 ・教育の振興に尽くされた功績

菊竹 淳一(きくたけ じゅんいち)名誉教授(人文科学研究院)
 ・文化財の保全に尽くされた功績

 本学は、多くの大学関係者が表彰されたことを誇りに思うとともに、今後益々の社会貢献、教育研究など多様な活動を推進し、これからも常に未来の課題に挑戦し貢献できる人材の育成に努めてまいります。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る