NEWS

トピックス

公開日:2020.02.03

本学学生が清華大学シュワルツマンスカラーズに選出

トピックス

 本学法学部4年生の佐々木彩乃さんが、清華大学シュワルツマンスカラーズプログラム(全額奨学金付修士プログラム)に選出されました。佐々木さんは、今年の日本人合格者の中では最年少となります。
 シュワルツマンスカラーズプログラムは、未来のリーダー育成のために米国ブラックストーン・グループ創設者、シュワルツマン氏の寄付により中国の清華大学に2016年から創設された1年の修士課程プログラムです。
 今年は世界中から4,700人以上の応募があり、提出されたエッセイと推薦状などに基づいて面接該当者400人に絞られ、その後、今年はニューヨーク、ロンドン、バンコク、北京にて面接が開催され、最終的に145人の最終合格者が決定しました。応募者は学術的成果の他、リーダーシップや性格をもとに審査されます。
 佐々木さんは香港大学での1年の交換留学を昨年終え、現在は法学部にて中国法や国際公法を中心に学んでいます。また、1年次、本学ESSディベートセクションに所属し英語の習得に励んだほか、2年次には九州大学基金支援助成事業「山川賞」を受賞しました。現在は留学課Q-mateにて留学生のサポートを行っています。

(詳細:https://www.schwarzmanscholars.org/news-article/schwarzman-scholars-announces-class-of-2021/

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る