NEWS

九州大学未来デザイン学センターが上天草市と連携協力に関する協定を締結

公開日:2020.08.26

 

トピックス

 令和2年7月31日(金)、本学未来デザイン学センターと上天草市は、上天草市役所において、連携協力協定を締結いたしました。
 今回の連携協定は、SDGsやSociety5.0を勘案し、地域資源を活かした新たな生活様式の構築と地方創生の実現のための調査・研究・モデル事業を実施することを目的としています。
 未来デザイン学センターと上天草市とは、従前から教育と研究の両面で協力を進めてきており、これまでの歩みとこれからの方向性に鑑みて、さらに連携を強化し、デザインを核としたSDGsやSociety5.0を勘案した上天草市らしい新たな生活様式の構築と地方創生の実現を協力して進めていくことは、お互いに実りの多いものとなると考えられます。
 今後は、教育、研究、産学連携、社会貢献の分野において、相互に積極的な取組を行っていく予定です。

調印式の様子(左から、村田一安上天草副市長、堀江隆臣上天草市長、清須美匡洋九州大学未来デザイン学センター長、田上健一九州大学未来デザイン学センター教授)

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る