NEWS

芸術工学研究院と長崎県東彼杵郡波佐見町が連携協定を締結

 
-相互に連携・協力し、先進的なまちづくりモデル構築に取り組む-

公開日:2020.11.18

 

トピックス

 本学大学院芸術工学研究院と長崎県東彼杵郡波佐見町は、創造的・多元的なまちづくりに係わる調査・事業の実施について連携・協力し、先進的なまちづくりモデルを構築することを目的として、2020年11月12日(木)に連携協力協定を締結しました。
 長崎県東彼杵郡波佐見町は、約400年前から始まった窯業により地域発展を遂げた全国有数の陶磁器産地です。HASAMIブランドは世界的にも知名度を高めており、デザインに関する研究組織である大学院芸術工学研究院と連携協力することで、波佐見町の有する歴史・文化・産業など豊かな地域資源を活かしつつ、さらなる持続的で多元的なまちづくりの構想が可能となることが想定されます。
 現在、同研究院の教員が佐見町庁舎設計プロポーザルに審査員として参画しているほか、今後は、持続可能な地域や陶磁器産業のデザインに取り組んでいきます。また、海外展開を視野に入れたグローバル人材の育成や、相互人材交流も進めて行く予定です。

調印式の様子

調印式を終えた一瀬町長(左)と谷研究院長(右)

【調印式にあたってのコメント】

 ●大学院芸術工学研究院長 谷正和
 九州大学院芸術工学研究院には様々な専門分野に携わる教員がおり、今後は多方面で協力していきたいと考えています。また、「デザイン」は社会に深く結びつくものであり、波佐見町との連携を通して実際の社会におけるデザインの仕組みに触れることが、本学の学生にとってよい学びになればと強く願っています。
 ●長崎県東彼杵郡波佐見町町長 一瀬政太
 今回の連携協定の締結により、九州大学院芸術工学研究院が有している専門分野の高度な知識と経験に基づく助言を得て、様々な連携事業を推進していきます。この連携協定が波佐見町の発展につながるものと、心から期待しております。

===================
協定・研究に関するお問い合わせ
芸術工学研究院環境デザイン部門
教授 田上健一 TEL:092-553-4629
===================

お問い合わせ

芸術工学部総務課企画・広報係
電話:092-553-4407
FAX:092-553-4593
Mail:gkskoho★jimu.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る