NEWS

「日韓シンポジウム 参加型まちづくりと伝染病」を開催

公開日:2020.12.02

 

トピックス

 2020年11月26日(木)に九州大学アジア・オセアニア研究教育機構と持続可能な社会のための決断科学センターが主催する日韓シンポジウム「参加型まちづくりと伝染病」をオンラインにて開催いたしました。
 前例のないコロナ禍の中で、人と人とのコミュニケーションと交流、対話などを重視する参加型まちづくりの現場においても、かつてない厳しい状況に直面しています。そこで、日本と韓国の研究者やまちづくり現場の活動家を招き、コロナ前後の社会、まちづくり現場での話についてご報告いただいたのち、その状況や今後の課題などに関して議論を深めました。
 シンポジウムは出水薫教授(持続可能な社会のための決断科学センター長ならびにアジア・オセアニア研究教育機構 都市クラスター ガバナンスモジュール長)による挨拶で開会し、イム・ワンス氏(Meharry Medical College・教授)、遊佐敏彦氏(奈良県立医科大学MBT研究所・講師)、錢琨氏(九州大学持続可能な社会のための決断科学センター・助教)、ソン・ビョンホ氏(ソウル市マウル共同体総合支援センター ・政策TFチーム長)、山内泰氏(NPO法人 ドネルモ 代表理事)よりコロナ前後の社会やまちづくり現場について講演していただきました。
 シンポジウム後半の総合討論の場では、コロナ前後のコミュニティの変化、対面から非対面という方法の変化による影響などに関してより議論を深めるとともに、参加の学生や一般の方からの質問や意見もありました。

 ※アジア・オセアニア研究教育機構のHPにも掲載されております。
https://q-aos.kyushu-u.ac.jp/topics/2020-11-26-アジア・オセアニア研究教育機構-持続可能な/

 

出水先生による開会の挨拶(上段左)

イム・ワンス氏講演

銭氏講演

ソンビョンホ氏講演

お問い合わせ

九州大学持続可能な社会のための決断科学センター 
助教 鄭有景
Mail:jeong.yukyong.033★m.kyushu-u.ac.jp   
※メールアドレスの★を@に変更してください。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る