NEWS

グローバルイノベーションセンターと福岡県直方市が連携協定を締結

公開日:2021.02.17

 

トピックス

調印式の様子

 本学グローバルイノベーションセンターと福岡県直方市は、同センターが実施しているオープンイノベーションのための産学官連携モデル、通称「KOINE:Kyudai global Open Innovation Network Engine」を活用し、直方市における課題の解決方法を検討するためのプラットフォーム構築について研究するとともに、このプラットフォームを活用して、同市が抱える課題(行政課題、社会課題、産業課題)を解決することを目指し、2021年2月8日に連携協定を締結しました。
 グローバルイノベーションセンターが自治体と連携協定を締結するのは今回が初めての事例であり、本連携では本学の研究者及び学生に対して、直方市における研究フィールド等の研究機会を提供いただき活動することも想定しています。
 今後は、直方市が抱えるさまざまな課題に対する解決方法について検討を行うことにより、持続的な行政サービスの実現、福祉の充実、産業の振興、学術研究に寄与するとともに、地域創成を含めた持続可能な社会の実現に向けたオープンイノベーションの取組を進めていきます。

調印式を終えた大塚進弘市長(右)と中島寛センター長(左)

【グローバルイノベーションセンターの詳しい情報はこちら】
https://www.gic.kyushu-u.ac.jp/index.html

お問い合わせ

グローバルイノベーションセンター
KOINEプロジェクト部門
教授 原田裕一

電話:092-583-7873
Mail:yharada★gic.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。