NEWS

オンライン国際シンポジウムを開催しました。

 
"Beyond the Southern Barbarians: Repositioning Japan in the First Global Age" -「南蛮人」を超えて : 第一次グローバル時代における日本-

公開日:2021.04.12

 

トピックス

 令和3年2月6日(土)~18日(木)の5日間、全6回に渡り、国際シンポジウム"Beyond the Southern Barbarians: Repositioning Japan in the First Global Age" -「南蛮人」を超えて : 第一次グローバル時代における日本- を開催しました。
 このシンポジウムは、清水 和裕教授(九州大学人文科学研究院長)による挨拶で開会し、Yukio Lippit氏(ハーバード大学教授)による基調講演を軸に催されました。Mimi Yiengpruksawan氏(イェール大学教授)をはじめとする、日本はもとより、世界各地の研究機関の第一線で活躍されている広範な専門分野の研究者により、歴史、美術史、文学、宗教学、インテレクチュアル・ヒストリーなどの人文諸学と天文学、地図製作、軍事技術などの科学史とが繋がれ、活発な議論が行われました。
 令和2年5月に九州大学で開催予定でした当シンポジウムは、新型コロナウィルスの感染予防のためオンラインシンポジウムとなりましたが、おかげさまで延べ800名弱のご参加をいただき盛会のうちに終了することができました。
 なお、本シンポジウムは九州大学大学院人文科学研究院広人文学講座とイェール大学マクミラン国際地域研究センター東アジア研究委員会主催、九州大学アジア・オセアニア研究教育機構共催、九州大学Progress100人社系学際融合リサーチハブ形成型助成、美術史学会、九州大学人社系協働研究・教育コモンズ後援により開催いたしました。

シンポジウムの様子

基調講演の様子

お問い合わせ

人文科学研究院
教授 アントン・シュバイツァー
Mail:schweizer★lit.kyushu-u.ac.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。