NEWS

令和3年度秋季入学式・外国人短期留学プログラム開講式を挙行

公開日:2021.11.05

 

トピックス

 令和3年10月1日(金)、本学伊都キャンパスの椎木講堂で、令和3年度秋季入学式・外国人短期留学プログラム開講式を挙行し、学部生30名(学士課程6名、学士課程国際コース(*1)24名)、修士課程生152名、博士課程生181名、今年度はオンラインで実施される2つの外国人短期留学プログラム生(JTW(*2)およびJLCC(*3))28名の計391名が、新入生として入学しました。
 10月入学者の約9割が外国人留学生であるため、式はすべて英語で執り行いました。また、今年度もコロナ禍での式典の挙行となったことから、感染防止のため、来場は新入生に限定し、受付での検温や手指消毒などの対策を実施しました。また、入国ができない新入生やご家族、関係者のために、YouTubeによるLIVE配信を行いました。
 式典では、始めに、石橋総長より、「COVID-19パンデミックの収束が見えない中、九州大学では、皆さんの安心・安全を確保しながら、質の高い教育研究活動が行えるよう全力で支援していきます。本学の高い水準の教育と研究は、皆さんの学びに対する好奇心や未来への探求心、発想力を掻き立てることと思います。在学期間、心ゆくまで学問、研究を楽しんでください。」と歓迎の言葉が贈られました。

石橋総長による告辞

 続いて、新入生を代表して、まず共創学部に入学した武井蓮乃さんから挨拶があり、次に、医学系学府保健学専攻博士後期課程のDANG QUOC SOAIさんとJTW のMARCHEGAY Claraさんからビデオメッセージがあり、歓迎への感謝の意や学生生活への抱負を交えた挨拶が行われ、式は盛会のうちに幕を閉じました。

共創学部 武井蓮乃さんによる新入生代表挨拶

医学系学府保健学専攻 DANG QUOC SOAIさんによるビデオメッセージ

JTW のMARCHEGAY Claraさんによるビデオメッセージ