NEWS

トピックス

公開日:2014.07.10

「プロフェッショナルへのキャリア&ライフパス―女性研究者・技術者編―」を開催しました

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

   平成26年6月29日(日),西鉄イン福岡(福岡市中央区)にて,「プロフェッショナルへのキャリア&ライフパス―女性研究者・技術者編―」を開催しました。
 今回のイベントは,本学と福岡県男女共同参画センター「あすばる」が共同で主催し,福岡県の「大学連携・若年者スタート応援事業」と連携して行われたものです。将来,研究者や技術者を目指す大学生・大学院生・短大生・専門学校生・高校生達に「働く」現場の状況や課題を知ってもらうとともに,女性研究者・技術者との意見交換を通じて,男女の固定的な役割分業意識にとらわれず,自分らしく働き続けることについて理解を深めてもらうことを目的に実施しました。

 

 当日は,大学共同利用機関法人情報・システム研究機構理事(前お茶の水女子大学学長)の郷通子先生をコメンテーターに迎え,本学教員及び民間企業等の研究者・技術者6名によるキャリア&ライフについてのミニ講話の後,これまでのキャリアパスや結婚・家庭の秘話,趣味等をテーマにクロストークを行いました。
 後半では参加者がそれぞれA3用紙にキャリア・ライフ像を描き,グループ内で発表・フィードバックを行いました。このイベントには,80名の学生,一般の方が参加されました。


 参加者からは,「女性研究者の身近なロールモデルが少なく,こんなに話を聴くことができたのは今回が初めてだった」「将来への漠然とした不安があったが,現役で活躍されている方々のお話を聴いて,大変参考になり、気持ちが前向きになった」「昨今のニュースを見て,待機児童など出産を終えた女性にとって働きにくい環境にあるのかと思っていたが,先生方のお話を聞いて,将来は仕事と育児を両立させたいと思うようになった」とのポジティブな感想が寄せられました。

 

 

【写真】

(上)女性研究者・技術者に質問をする学生

(中)A3用紙にキャリア・ライフ像を描く参加者

(下)女性研究者・技術者を交えてグループ内でのクロストーク


このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る