NEWS

トピックス

公開日:2014.07.03

SALCでブラウンバッグレクチャーがスタート

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

   今年度伊都キャンパスにオープンしたSelf-Access Learning Center(SALC)による,ブラウンバッグレクチャーシリーズがスタートしました。
 ブラウンバッグレクチャー(Brown Bag Lecture)とは,各々が持ち寄ったランチを食べながら,授業とは違うリラックスした雰囲気の中で教養を深めようという趣旨の講演会で,ランチのサンドイッチを入れる茶色の紙袋が名前の由来です。米国の大学では盛んに行われています。


 ブラウンバッグレクチャーシリーズの第1回目は,平成26年6月13日(金),伊都キャンパスのセンター2号館にて行われました。ブリティシュ・コロンビア大学のLindsay Eltis教授を講師に招き,「微生物の可能性を探る」と題したテーマで講演をいただきました。学生,教職員併せて約70名が参加し,会場の教室はほぼ満員となりました。

 講演会は,保田幸子言語文化研究院准教授(SALCディレクター)のオープニングスピーチで始まり,Eltis教授による講演,質疑応答の順に行われました。参加した学生の多くは1年生でしたが,「ブリティッシュ・コロンビア大学の微生物学者の講義を聴けて感動した」「英語母語話者のプレゼンはやはりすごかった」「初めて英語の講義を聴いて,自分の英語力不足を実感した」など多くのコメントが寄せられました。

 SALCでは,これからも「正課の授業外での学びの場」を提供すべく,ブラウンバッグレクチャーの開催を予定しています。
 
 
 

【写真】

Eltis教授のレクチャー

 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る