NEWS

トピックス

公開日:2014.06.27

メリーランド大学と学術交流協定を締結,サイバーセキュリティ分野で協力・連携へ

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

   平成26年6月24日(火),メリーランド大学システム(University System of Maryland (USM):メリーランド州の州立大学各校の統括機関)本部において,九州大学及びUSM間の学術交流協定の調印式が開催され,本学より有川総長,安浦理事・副学長,藤木理事・副学長が出席しました。

 はじめに,ウィリアム・カウワンUSM総長の歓迎の挨拶があり,次いで,佐々江賢一郎駐米大使が祝辞を述べたほか,ジョン・マクドノー・メリーランド州務長官によりマーチン・オマリー州知事からの祝辞が,また,武田修三郎文部科学省参与により下村博文文部科学大臣からの祝辞が代読されました。
 調印式後,メリーランド大学ボルチモア校 (UMBC) を訪問し,九州大学とUMBCの間の学術交流協定に署名を行いました。さらに,UMBCの様々な取組を視察するとともに,サイバーセキュリティを担当している教員らとの間で活発な意見交換を行いました。当面はサイバーセキュリティ分野での協力を進めますが,他分野についても協力を発展させていくことが期待されます。

 今回の協定締結により,我が国で初めて,全ての分野の学部学生を対象としたサイバーセキュリティ教育 (Cybersecurity for All) への取組を日米の有力大学が連携して行うこととなります。今後,技術分野だけでなく社会制度まで影響を与える重要なサイバーセキュリティに対して,市民社会の安全•安心や国家の安全保障問題に関する多面的な視点から世論を構築する基盤を確立していくことが期待されます。

 ※メリーランド大学ボルチモア校(UMBC)Webサイトでも協定締結について紹介されました。
 UMBC and Kyushu University Sign International Partnership Agreement

   http://umbc.edu/window/kyushu_partnership.html

 

【写真】

(上)歓迎の挨拶をするUSM Chancellor William E. Kirwan

(中)署名後,握手をするKirwan総長と有川総長

(下)UMBC訪問:Dr. Philip Rous, Provost, UMBC (前列左から2番目), Dr. Antonio Moreira, Vice Provost for Academic Affairs, UMBC (前列左端), Dr. William LaCourse Dean, The College of Natural and Mathematical Sciences (後列左から3番目)

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る