NEWS

トピックス

公開日:2014.06.11

基幹教育キックオフシンポジウムを開催しました

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

   平成26年5月24日(土),伊都キャンパスの椎木講堂において,基幹教育キックオフシンポジウムを開催しました。このシンポジウムは,本学が平成26年4月から新たな理念に基づく「基幹教育」を開始したことに伴い,その理念や構想について学内外に広く発信するとともに,開かれた議論を行うことを目的として開催したものです。

 有川総長による冒頭挨拶の後,シンポジウムをご後援いただいた文部科学省の吉田大輔高等教育局長より「このシンポジウムは,九州大学の先進的な取組を社会に発信するもので意義深い。基幹教育の今後の成果に期待している」とのお言葉をいただきました。

 基調講演は,鈴木典比古国際教養大学学長から「大学における教え方を問い直す-20世紀型から21世紀型へ-」,宮川繁マサチューセッツ工科大学教授から「教育のオープン化-いったい何が起こるのだろう-」と題してお話いただきました。
 続いて,谷口基幹教育院副院長より「基幹教育とは~アクティブ・ラーナーの育成を目指して~」と題した取組報告があり,これに基づいて,新谷基幹教育院院長補佐の司会による「次世代育成を担う基幹教育への期待と展望」と題したパネルディスカッションが行われました。
 高山人文科学研究院教授,園田工学研究院教授が各部局からの報告を行い,それに対する吉見俊哉東京大学副学長,山田礼子同志社大学学習支援・教育開発センター長によるコメント,谷口副院長の応答で議論は盛り上がりました。

 さらに,パネルディスカッション第二部では,会場の参加者からの質問を中心に活発に意見交換が行われました。 


 本学基幹教育院では,これからも様々な形で基幹教育に関する情報を発信していきます。詳しくは下記のWebサイトをご覧ください。 

http://www.artsci.kyushu-u.ac.jp/

 

【写真】

(上)鈴木典比古学長による基調講演

(中)宮川繁教授による基調講演

(下)活発な議論が行われたパネルディスカッション

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る