NEWS

令和4年度秋季学位記授与式を挙行

公開日:2022.10.14

 

トピックス

 令和4年9月22日(木)、本学伊都キャンパスの椎木講堂で令和4年度秋季学位記授与式を挙行し、学士課程54名、修士課程121名、専門職学位課程4名、博士課程165名の計344名に本学の学位が授与されました。
 式は、来賓として本学の交流協定校である韓国・ソウル大学校の OH Se-Jung 学長ご臨席のもと、本年4月以降に学位取得の要件を満たした卒業生・修了生が出席し、留学生の卒業・修了生の増加など国際化が進む本学の現状を踏まえ、全て英語で行いました。今年度も感染拡大防止措置として来場は卒業生・修了生に限定し、受付での検温や手指消毒、会場内の座席の間隔などを徹底するとともに、ご家族や関係者等のために、YouTubeによるLIVE配信を行いました。

 石橋総長から各課程の代表者に学位記を授与した後、告辞を行いました。告辞では、コロナ禍により制限された環境の中でもたくましく本学での学びを修められた卒業生・修了生に「皆さん一人一人の新しい未来に、本学でこのパンデミック下で培った学びが必ず役立つことを信じ、これからの活躍を楽しみにしています。」と温かな言葉が贈られました。

石橋総長による告辞

 続いて、卒業生・修了生を代表して、薬学府博士課程の若狭武史さんから、「九州大学で培われた新しい視点で社会を見つめ、学んだことを実践し、地球規模の問題に挑戦する」と答辞が述べられました。
 来賓のソウル大学校 OH Se-Jung学長からは、「急速に変化する世界の潮流を形成する主体的なアクターとなることを期待します。」と激励のご祝辞を賜り、厳格な雰囲気の中、卒業生・修了生の新たな旅立ちを祝う盛大な式典となりました。

ソウル大学校 OH Se-Jung学長による祝辞

答辞を述べる薬学府博士課程の若狭武史さん

学位記授与の様子