NEWS

福岡演習林で研究紹介及びサクラ見学会を開催

公開日:2014.04.05

 

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

   平成26年4月3日(木),福岡県糟屋郡篠栗町の農学部附属演習林において,九州大学演習林研究紹介及びサクラ見学会を開催しました。この研究紹介及びサクラ見学会は,日頃から本学演習林の教育・研究へのご理解,ご支援をいただいている地域の皆様に演習林の活動状況を幅広く知っていただくために開催しているもので,演習林が所在する篠栗町や久山町の関係者と,総長・理事をはじめとする本学関係者合わせて約70名が参加しました。

 参加者は,平成24年の演習林創設百周年を機に植え替えられた若いサクラ並木を大槻演習林長から説明を受けながら見学しました。その後,管理棟において各研究室の研究内容や研究成果をパネル展示で紹介しました。引き続き行った懇親会では,林内で採れたタケノコやシイタケのほか,演習林が所在する福岡,宮崎(椎葉村),北海道(足寄町)の名産物の料理が並ぶなかで,参加者は各々,旬の味覚に舌鼓を打ちつつ,篠栗町,久山町ともに町の大半を占める山林の活用,地域の発展や活性化並びに本学の教育・研究・地域貢献に対して活発な意見交換が行われました。



 

【写真】

(上)研究紹介の様子

(中)地元町長を交えての懇親会の様子

(下)懇親会での地元料理

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る