NEWS

西日本シティ銀行と組織対応型連携協定を締結

公開日:2014.03.31

 

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 本学と西日本シティ銀行は,平成26年3月28日(金)に組織対応型連携協定を締結しました。
 今回の協定締結は,本学の知見や研究成果と,西日本シティ銀行が有する幅広いネットワーク,金融・経済に関するノウハウとを融合させ,(1)地域産業の事業力強化と大学の学術研究の活性化,(2)大学研究成果の事業化促進及び大学発ベンチャーの支援,(3)人材交流を推進することにより,地域の活性に繋げたいという双方の考えが一致したことによるものです。
 調印式には,西日本シティ銀行から久保田頭取,礒山副頭取,岡村専務執行役員が,本学からは有川総長,安浦理事・副学長,古川産学官連携本部副本部長が出席しました。
 協定締結後,久保田頭取が「地域の発展にはアカデミズムの水準向上が不可欠。九州大学との連携により,地域産業の様々な分野で高いレベルの研究・技術が活かされる」と語られ,有川総長が「西日本シティ銀行が有するネットワークを利用することにより,大学シーズと企業ニーズのマッチング機会が創り出され,個々の企業との協力体制だけでは得られない総合的な連携が可能になる」と述べました。
 今回の協定を契機に,本学と同行は,様々な分野で地域への知的貢献に取り組み,より良い協力関係を発展させていきます。

 

【写真】
(上)協定書を取り交わす久保田頭取と有川総長
(下)多くの報道関係者が集まった調印式の様子

 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る