NEWS

大学院医学研究院 環境医学分野 久山町研究室の小澤未央 学術研究員が日本人として初めて2014年「ロレアル-ユネスコ女性科学賞 国際奨学金」を受賞

公開日:2014.03.27

 

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

   本学大学院医学研究院 環境医学分野 久山町研究室の小澤未央 学術研究員が,2014年「ロレアル-ユネスコ女性科学賞 国際奨学金」を受賞し,2014年3月19日(水)にパリのソルボンヌ大学にて授賞式が行われました。

 「ロレアル-ユネスコ女性科学賞 国際奨学金」は,世界最大手の化粧品会社ロレアルグループ(本社:フランス・パリ)とユネスコ(本部:フランス・パリ)が,将来が期待される生命科学分野の博士課程や博士研究員レベルの若手女性研究者を支援するために2000年に創設したもので,毎年15名の若手女性研究者が選定され,自国以外の研究機関において2年間にわたって研究を継続できるよう,各受賞者に奨学金40,000USドル(約400万円)が贈呈されます。
 小澤未央 学術研究員は,福岡市東部に隣接する久山町の高齢住民を対象に認知機能に関する高齢者調査を実施し,食事で認知症を予防できることが認められた2つの研究成果を成し遂げました。

 今後は,留学先のロンドン大学で,現在進行形の追跡研究で収集した食事調査と認知機能検査の情報に加え,新たに脳画像の情報を用いてミネラル摂取などの食生活が軽度認知機能障害に与える影響を研究する予定です。

 

【写真】

(上)2014年「ロレアル-ユネスコ女性科学賞 国際奨学金」を受賞した小澤未央 学術研究員

(中)ユネスコ本部でのポスター発表の様子

(下)授賞式の様子(右から2人目が小澤未央 学術研究員)

 

本件受賞に関するプレスリリースはこちら

  • トップページ
  • NEWS
  • トピックス
  • 大学院医学研究院 環境医学分野 久山町研究室の小澤未央 学術研究員が日本人として初めて2014年「ロレアル-ユネスコ女性科学賞 国際奨学金」を受賞

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る