NEWS

伊都キャンパス連絡橋「九大ゲートブリッジ」が完成

公開日:2014.03.17

 

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

   伊都キャンパスのセンター2号館と新設されたセンター3号館(基幹教育院棟)を結ぶ連絡橋「九大ゲートブリッジ」が完成し,平成26年3月16日(日)に開通を記念した開通式および渡り初めを開催しました。

 九大ゲートブリッジは,学園通り線をまたぐ,長さ59.5mの橋で,「大学の東西を結ぶだけでなく,九州大学全体のゲート性を有する大学の玄関としてふさわしい施設」のコンセプトをもとに設計され,約1年をかけて完成しました。
 開通式では,有川総長からの挨拶の後,今泉理事・副学長から一般公募で決定した愛称の発表があり,命名者の山村啓太様,西尾淳一様に有川総長から感謝状が贈呈されました(愛称決定の経緯等についてはこちらをご覧ください)。
 続いて,有川総長をはじめ,ご来賓によるテープカットの後,この連絡橋が末永く安全に利用できることを願って,福岡市西区,糸島市から参加いただいた3組の親子三代ご家族を先頭に渡り初めを行い,九大ゲートブリッジの開通を祝いました。


 「九大ゲートブリッジ」は一般市民の方もご利用できますが,利用時間は,土・日・祝日を除く,平日の7:00~21:00になります。

 

【写真】

(上)開通した「九大ゲートブリッジ」

(中)テープカットの様子

(下)渡り初めの様子

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る