NEWS

椎木講堂落成式及び内覧会を挙行

公開日:2014.03.05

 

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

   平成26年3月4日(火)に,椎木講堂の落成式及び内覧会を挙行し,多くの関係者が出席して本学の新しい学術文化の拠点となる施設の完成を祝いました。
  椎木講堂は,三洋信販株式会社創業者の椎木正和様が,世界最高水準の教育研究拠点を目指す本学の基本理念に共感し,人類社会の持続的発展に貢献する優れた人材が数多く育っていくことを願い,本学の創立百周年を機にご寄附いただいたものです。

 ガレリア前でのテープカット後にホールにて開催された落成式では,九大フィルハーモニーオーケストラによる祝賀演奏に続き,有川総長からの挨拶があり,寄附者の椎木様への特別感謝状贈呈を行いました。続いて,椎木様からのご挨拶,元百周年記念事業推進会会長の松尾新吾様からご来賓の挨拶をいただきました。
 式典後には,講堂内(ホール,ギャラリー,展示コーナー,大会議室等)の内覧会を行い,出席された方々に講堂全体の様子をご覧いただきました。

 本講堂は全体が直径100mの円形でメインのホールと管理棟からなっており,最大で約3,000人収容できるホールは,今後,本学の入学式や学位記授与式をはじめ各種学会や大規模イベント等に活用するほか講演会や演奏会など,一般の方や地域の方にも広くご利用いただけます。

 

【写真】

(上)テープカットの様子

(中)落成式が行われたホール

(下)特別感謝状贈呈の様子(左より,有川総長,椎木正和様,椎木健臣様)

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る