NEWS

トピックス

公開日:2014.03.04

本学学生が日本学術振興会 育志賞を受賞

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 平成26年2月24日(月),日本学士院(東京都台東区)にて,独立行政法人日本学術振興会による第4回(平成25年度)日本学術振興会育志賞の授賞式が行われ,本学から大学院生物資源環境科学府生物産業創成専攻博士後期課程3年の熊添基文さんが受賞しました。
 日本学術振興会育志賞は,天皇陛下の御即位20年に当たり,社会的に厳しい経済環境の中で,勉学や研究に励んでいる若手研究者を支援・奨励するための事業の資として,陛下から御下賜金を賜り,このような陛下のお気持ちを受けて,将来,我が国の学術研究の発展に寄与することが期待される優秀な大学院博士後期課程学生を顕彰することで,その勉学及び研究意欲を高め,若手研究者の養成を図ることを目的に平成22年度に創設されたものです。
 4回目となる今回は,大学長及び・学会長から130名の候補者の推薦があり,18名の受賞者が選考されました。
 本学より受賞した熊添さんの博士後期課程の研究課題は,「緑茶ポリフェノールEpigallocatechin-gallateによるがん細胞特異的な細胞致死誘導機構の解明」で,今回の受賞は,指導教員である立花宏文主幹教授の下,緑茶カテキンのがん細胞に対するアポトーシス誘導機構を発見し,その分子機構を基に新たながん治療法への展開を提案し,ED治療薬との併用により劇的に抗がん作用を強化できることを発見したこと,また,その斬新で挑戦的な研究戦略を立案する科学者としての将来性が高く評価されたものです。

 

【写真】
(上)独立行政法人日本学術振興会 安西祐一郎理事長から記念の盾を受け取る熊添さん
(下)左から, 大学院農学研究院 立花宏文主幹教授,熊添さん

 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る