NEWS

トピックス

公開日:2014.02.28

ベトナム教育訓練省副大臣らが工学研究院を表敬訪問

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 平成26年2月21日(金),ベトナム教育訓練省(日本の文部科学省に相当)のブィ・ヴァン・ガー(Bùi Văn Ga)副大臣ら8名が工学研究院を表敬訪問されました。
 ベトナムは東南アジア初の原子力発電プラントの稼動を目指しています。同国はロシアに続き日本から2機の原子炉を導入することになっており,技術者・研究者の人材育成が急務になっています。一行は,伊都キャンパス内の原子力教育研究などに関わる施設を見学した後に,山田工学研究院長,渡邊副研究院長,守田エネルギー量子工学部門長らと懇談しました。山田研究院長は,表敬訪問を歓迎するとともに,同国からの要請を受け,修士・博士号を取得する学生の受入れを表明しました。ブィ・ヴァン・ガー副大臣は,ベトナム政府が原子力発電所設置に向けて技術者育成を進めており,2016年から5年間に合計350名の学生・研究員を日本に派遣するとともに,研究者養成のために修士号や博士号を取得させる計画であることを説明しました。
 九州大学では,今後,同省国際教育開発局と大学院生受入れに係る覚書を締結する予定です。

 

【写真】
(上)記念品を取り交わす山田工学研究院長(左)とブィ・ヴァン・ガー副大臣(右)
(下)関係者による記念撮影

 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る