NEWS

トピックス

公開日:2014.02.05

西川京子文部科学副大臣と本学学生が「車座ふるさとトーク」

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 平成26年1月31日(金),西川京子文部科学副大臣が伊都キャンパスを訪問し,本学学生との「車座ふるさとトーク」を開催しました。
 「車座ふるさとトーク」は,安倍内閣の地域に根ざした取組で,各省庁の大臣等が日本各地に赴いて,テーマを決め,その地の方々と少人数で車座による対話を行い,生の声をつぶさに聞いて,政策に生かそうとする試みです。今回は,本学から有川総長をはじめとする関係者5名と学部・大学院の学生11名が,「大学教育の在り方」をテーマに懇談を行いました。
 懇談では,文部科学省が取り組む教育政策や,本学が取り組む「基幹教育」,「21世紀プログラム」,また,大学や社会に対する要望等について活発な意見交換がなされ,参加した学生にとっては,国,大学の方向性等に直接触れ,考えを語り,思いを伝えることができた非常に有意義な時間となりました。
懇談の最後には,西川副大臣から,学生と向かい合った近い位置で率直な声を聞けた貴重な機会であったとの謝辞が述べられ,盛会のうちに終了しました。
 今回の西川副大臣の来学は,同日,病院キャンパスの医学部百年講堂で開催した「持続可能な社会のための決断科学センター開設記念シンポジウム」へのご出席とあわせて,学生の生の声に直接触れたいという西川副大臣の強い希望から実現したもので,伊都キャンパスでは,最先端有機光エレクトロニクス研究センター(OPERA)とカーボンニュートラル・エネルギー国際研究所(I2CNER)の視察も行われました。

 

【写真】
(上)「車座ふるさとトーク」の様子
(下)参加者との集合写真

 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る