NEWS

トピックス

公開日:2013.08.02

マハティール元マレーシア首相が水素関連施設をご視察

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

   平成25年7月29日(月),マハティール・ビン・モハマド元マレーシア首相が,先端科学研究の現場視察として,伊都キャンパスの水素関連施設をご訪問されました。
 水素エネルギー国際研究センターでは,佐々木一成センター長より本学の水素プロジェクトについて概要説明を受けられた後,同センターをご視察になりました。研究室ではマレーシアからの留学生より研究概要の説明を受けられ,熱心に質問されていました。

 また,水素ステーションでは水素発生装置や蓄圧タンク,ディスペンサーなどをご見学になり,燃料電池車にも試乗されました。

 続いて訪問された水素材料先端科学研究センター(HYDROGENIUS)では,杉村丈一センター長より概要説明を受けられた後,同センターをご視察になりました。

 視察を終えられたマハティール前首相は,「素晴らしい最先端の研究を視察でき,水素プロジェクトについて学ぶ良い機会となった」と述べられました。

 なお,今回は,第10回日本の次世代リーダー養成塾へのご出席とあわせて九州大学をご訪問されました。

 

【写真】
(上)マレーシアの留学生より説明を受けるマハティール元首相
(中)水素ステーションで佐々木センター長より説明を受けるマハティール元首相
(下)HYDROGENIUSで杉村センター長より説明を受けるマハティール元首相

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る