NEWS

KLMオランダ航空とパートナーシップ協定を締結

公開日:2013.04.05

 

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

   本学とKLMオランダ航空は,福岡とオランダ・アムステルダムを結ぶ初の定期直行便が就航し,初フライトが福岡に到着した平成25年4月4日(木)にパートナーシップ協定を締結しました。
 調印式では,関係者が見守る中,有川総長とピーター・エルバースKLMオランダ航空代表取締役兼最高執行責任者(COO)が協定書に調印しました。
 本協定は,本学の学生が,オランダやヨーロッパ各国に視野を向け,幅広い知識や教養を身につける機会を設け,在学中や卒業後に,九州とオランダ,九州とヨーロッパとのより堅固な関係を維持する役目を担えるよう育成をするために,双方に有益な,質の高い教育的社会貢献を行うことを目的とするものです。
 具体的な取り組みとしては,KLMオランダ航空が本学の学生をインターンシップ生として受け入れることや,本学とKLMオランダ航空が協働し,本学の学生を対象として,オランダまたはヨーロッパに関連するテーマによる研究レポートを募集するコンペティションなどを実施します。
 本協定の期間は1年間となっていますが,今後は双方の協議・合意に基づき,更に期間を延長し,内容の充実に努めていく予定であり,よりよい協力関係を発展させていきます。


【写真】
(上)協定書を取り交わすピーター・エルバースKLMオランダ航空COOと有川総長
(下)調印式後の記念撮影

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る