NEWS

オルガネラホメオスタシス研究センターキックオフシンポジウムを開催

公開日:2013.04.03

 

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

   平成25年3月22日(金),病院キャンパスにて,オルガネラホメオスタシス研究センターのキックオフシンポジウムを開催しました。

 オルガネラホメオスタシス研究センターは,文部科学省の21世紀COEプログラム「統合生命科学-ポストゲノム時代の生命高次機能の探求」及びグローバルCOEプログラム「個体恒常性を担う細胞運命の決定とその破綻」の成果のひとつとして,平成25年3月1日に学内共同教育研究施設として設置されました。哺乳動物のみならず,植物,酵母も含めて,細胞内のほぼ全てのオルガネラ(細胞小器官)を対象とした個々の研究を支援し,これらを統合することで包括的な細胞機能発現機構の理解と機能制御解明を目指していきます。

 シンポジウムには,学内外のオルガネラ関係研究者や学生が参加し,藤木 幸夫 理事・副学長による挨拶の後,本センター客員教授である京都大学大学院理学研究科の森 和俊教授,京都産業大学総合生命科学部の永田 和宏教授,名古屋大学大学院理学研究科の遠藤 斗志也教授をはじめ,ルール大学(ドイツ)のRalf Erdmann教授,シンガポール国立大学Temasek生命科学研究所のDavis Ng准教授など国内外の研究者10名による研究発表が行われました。

 また,翌23日(土)には,ホメオスタシス研究ワークショップが開催され,病院キャンパスのトランスオミクス研究センターならびに箱崎キャンパスのオルガネラホメオスタシス研究センターの施設見学等も行われました。
 

【写真】
(上)オルガネラホメオスタシス研究センター(理学部3号館)

(中)Ralf Erdmannルール大学教授による発表

(下)シンポジウム講演者

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る