NEWS

生体防御医学研究所創立30周年及び別府病院創立80周年記念行事を開催

公開日:2013.02.28

 

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 九州大学生体防御医学研究所及び九州大学病院別府病院は,創立30周年及び創立80周年をそれぞれ記念して,平成25年2月16日(土)に「記念式典,記念講演会及び記念祝賀会」をホテル日航福岡(福岡市博多区)で開催しました。
 記念式典には,学内外の研究者や関係者約100名が出席し,有川節夫総長及び久保千春九州大学病院長の挨拶に続いて,澤川和宏文部科学省研究振興局学術機関課長,河野幸治別府市医師会長から祝辞が述べられ,佐々木裕之九州大学生体防御医学研究所長及び牧野直樹九州大学病院別府病院長から現況報告がありました。
 続いて,記念講演会では,中村春木大阪大学蛋白質研究所附属蛋白質解析先端研究センター教授から「ビッグデータ時代における生命科学」,大屋裕二九州大学応用力学研究所長から「風レンズ技術を用いた再生可能エネルギー戦略」のテーマで,最先端の生命科学,応用力学の研究について興味深い講演が行われました。
 記念祝賀会では,佐々木所長の挨拶の後,片野光男九州大学大学院医学研究院長,勝木元也日本学術振興会学術システム研究センター副所長,時枝正昭元宇佐市長から祝辞が述べられ,笹月健彦九州大学高等研究院特別主幹教授の発声で乾杯し,研究所及び別府病院の今後の発展を祈念しました。

 

【写真】
(上)記念式典での集合写真
(中)挨拶する有川総長
(下)澤川研究振興局学術機関課長による祝辞

 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る