NEWS

会津若松市の小学生が伊都キャンパスを見学

公開日:2012.09.14

 

トピックス

Image
Image

平成24年8月21日(火),本学と組織対応型連携協定を締結している福島県会津若松市の子どもたちが,伊都キャンパスを訪れました。今回の訪問は,同市の250以上の子ども会で構成される「会津若松市子ども会育成会連絡協議会」が主催し,地域における子ども会ジュニアリーダーの育成を目的とした県外研修の一環として行われたものです。

当日は,小学校6年生約40名が,キャンパス内をバスで周回しながら研究施設や風レンズ等を見学した後,ビッグオレンジにて折田 悦郎 教授(大学文書館)より本学についての説明が行われました。子どもたちは,本学の山川健次郎初代総長が同市出身であることや,会津若松市と九州大学との歴史的繋がりに,熱心に耳を傾けていました。最後に,センターゾーンに設置されている山川初代総長の胸像の前で記念撮影を行いました。参加した子どもたちからは「将来は九大に入学したい」との声も聞かれました。

 

【写真】

(上)折田教授の説明を聞く子どもたち

(下)山川初代総長胸像前での記念撮影

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る