NEWS

海外で活躍する卒業生が活動を紹介

公開日:2012.02.14

 

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 平成24年2月13日(月)箱崎キャンパスにて,ニューヨークでソーシャルワーカーとして活躍する松田祐梨子さんが「海外で仕事をするということ」をテーマにこれまでの活動を紹介し,学部生から卒業生まで合わせて約30人が集まりました。
 松田さんは,本学21世紀プログラム課程の第1期卒業生で,学部在学中は
英国ブリストル大学に交換留学,卒業後は文部科学省の長期派遣留学制度を利用し,米国のコロンビア大学大学院で修士課程の学位を取得しました。現在はニューヨークにあるNPO「GO PROJECT」にて,ソーシャルワーカーとして活躍しています。
 会では松田さんが,これまでの留学や就職について,どう感じて何を経験してきたのかをわかりやすく語り,「海外で働くためには何が必要か」「日本でやっておけばよかったこと」についてのアドバイスもあり,活動紹介後は、参加者から,学部時代の活動,現在の仕事内容などについて,多くの質問が寄せられました。

 本学では,国際的な視野を持ち海外で通用し得る人材を育成するため,学生の海外留学を推奨しており,九大生には,短期・長期を含め,各国への留学の機会が数多く用意されています。 詳細につきましては、九州大学国際部Webサイト「九大生向け留学情報」のページをご覧ください。

 

 当日の案内はこちらからご覧いただけます。(クリックするとPDFが開きます。)

 

 

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る