NEWS

本学鳥人間チームが鳥人間コンテストで優勝

公開日:2015.09.03

 

トピックス

 平成27年9月2日(水)に放送された「鳥人間コンテスト2015」において,本学学生サークルの鳥人間チームが滑空機部門で優勝しました。
 本コンテストは7月25日(土)・26日(日)に琵琶湖で実施され,自作人力飛行機による飛行距離や飛行時間を競う大会(テレビ番組)です。
 本学鳥人間チームは飛行距離を競う滑空機部門を中心に,これまで38回の開催された大会のうち33回大会に参加しており,平成25年度には学生で組織されたチームとしては最長となる新記録も樹立しました。今大会では本部門での初優勝を目指し,メンバー全員で自作人力飛行機製作に日々励んできました。
 本番では風を味方につけ,綺麗なフライトで観客を魅了し,373mを飛んで見事優勝に輝きました。大会後,メンバーは「初優勝という最高の結果を残せてうれしい」と喜びを語りました。

 この快挙に,鳥人間チームの大先輩であるJAXA若田光一宇宙飛行士からお祝いのメッセージが寄せられました。

 九州大学鳥人間チームのみなさん,ヒューストンから,JAXA宇宙飛行士の若田光一です。第38回鳥人間コンテストの滑空機部門での優勝おめでとうございます。
 私も九大生の頃,鳥人間チームのメンバーとしてコンテストに参加させてもらいました。チーム一丸となって,ものづくり,試験飛行そして本番の飛行に臨んだことは,今も,宇宙飛行士としての仕事をしていくための,とても貴重な経験になりました。
 鳥人間チームで経験したものづくりの醍醐味やチームワークの素晴らしさは今後皆さんがどんな分野の挑戦をしていく上でも,大きな糧となると思います。また次も新たな目標を明確に定め,それに向かってこれからもがんばってください。


 なお,今回の優勝を受け,鳥人間チームは8月6日(木)に久保総長を訪問し,大会の成績を報告しました。

参考Webサイト

九州大学鳥人間チーム

写真

(上)フライト前の機体とメンバーの集合写真
(中)フライト中の機体
(下)久保総長に成績を報告する鳥人間チーム

お問い合わせ

九州大学鳥人間チーム
E-mail:q-birdman★hotmail.co.jp
※メールアドレスの★を@に変更してください。

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る