NEWS

國武豊喜名誉教授が京都賞を受賞

公開日:2015.06.26

 

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 平成27年6月19日(金),第31回(2015)「京都賞」受賞者の発表があり,先端技術部門/材料科学において國武豊喜(くにたけとよき)名誉教授(現:公益社団法人北九州産業学術推進機構理事長)が受賞しました。
 京都賞は公益財団法人稲盛財団(理事長:稲盛和夫氏)が授与する,科学や文明の発展,また人類の精神的深化・高揚に著しく貢献した方々の功績を讃える国際賞です。授賞式は,11月10日(火)に国立京都国際会館で行われる予定です。
 國武名誉教授は,昭和33年に本学工学部応用化学科を卒業,昭和30年に大学院工学研究科修士課程を修了し,米国ペンシルバニア大学にて昭和37年にPh.D取得後,昭和38年に本学工学部助教授に着任,昭和49年に教授に昇任し,工学部長,工学研究科長,新キャンパス計画推進室長などの要職を務め,本学の教育・研究・管理運営に携わりました。また,現在はカーボンニュートラル・エネルギー国際研究所のWPI招へい教授として講演や若手研究者とのディスカッションを行うなど,引き続き本学の教育・研究の発展に寄与されています。
 今回受賞された研究業績は「合成二分子膜の発見による分子組織化学の創出と材料科学分野への先駆的貢献」です。國武名誉教授は,人工分子から生体膜の基本構造である二分子膜が自己組織的に形成されることを世界ではじめて報告し,さらにこれが広範な有機溶媒中の両親媒性化合物に起こる普遍的な現象であることを見出しました。また,これらの体系化と様々な合成技術の開発により,分子組織化学という新たな学問潮流の創出に本源的に貢献しました。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る