NEWS

国公私立大コンソーシアム・福岡が発足

公開日:2008.10.02

 

トピックス

協定締結を終え,手を取り合う4大学の代表(左からバークレー西南学院大学長,梶山九州大学総長,山藤福岡工業大学長,高木福岡女子大学長)
 平成20年9月19日(金),九州大学,福岡工業大学(代表校),福岡女子大学,西南学院大学の4大学による「国公私立大コンソーシアム・福岡」が発足しました。

 「国公私立大コンソーシアム・福岡」は,文部科学省の大学教育改革支援事業「戦略的大学連携支援事業」に,大学院修士レベルで環境・エネルギー問題をテーマとしてコンソーシアムを形成する取り組みを4大学で提案し,採択されたことを受け,発足したものです。

 コンソーシアムでは,高度環境人材(環境・エネルギー問題や地域経済の振興課題に主導的,総合的に取り組むことのできる人材)の育成に努めるとともに,地域が抱える課題を中心に共同研究を推進し,その成果を積極的に還元していく予定です。来年度には,4大学を遠隔授業システムで結んだ単位互換(コンソーシアムプログラム)を実施し,それぞれの大学に居ながら他大学の講義を受講できる仕組みを整備する予定です。

プレスリリースはこちら

【写真】
協定締結を終え,手を取り合う4大学の代表(左からバークレー西南学院大学長,梶山九州大学総長,山藤福岡工業大学長,高木福岡女子大学長)