NEWS

梶山総長が最終講義

公開日:2008.09.16

 

トピックス

最終講義を行う梶山総長
最終講義を聴きいる学生、教職員、OBら
 平成20年9月12日(金)、9月30日(火)で任期を終える梶山千里総長の最終講義が、学生、教員、OBなど約300人を集めて、旧工学部本館大講義室で行われました。

 最終講義に先立って、特別講演として、長田義仁 理化学研究所基幹研究所副所長が研究発表を行い、梶山総長の恩師の一人である米国マサチューセッツ大学のMacKnight先生が米国留学中の梶山総長の思い出などを語りました。

 「変革と飛躍:教育・研究と大学運営・リーダーシップ」と題した最終講義で梶山総長は、自身の研究経験から創造性を磨くことの大切さを強調し、「科学の常識を打ち破るには、確固たる信念と自信あるデータの蓄積が不可欠」と若い研究者へメッセージを送りました。

 また、約7年間にわたって総長を務めた九州大学に対しては、これから大変な時代を迎える日本には新たな価値を創造し得る人材が必要であるとして、もう一度教育研究の原点に戻って知の新世紀を拓いてほしいと期待を述べました。

【写真】
(上)最終講義を行う梶山総長
(下)最終講義を聴く学生、教職員、OBら

【最終講義の映像】
 九州大学オープンコースウェア(http://ocw.kyushu-u.ac.jp/)に掲載