NEWS

脳の左も右も「右脳」なマウスを発見

公開日:2008.04.16

 

トピックス

 九州大学大学院理学研究院の伊藤功准教授と自然科学研究機構生理学研究所の重本隆一教授の研究グループは、脳の左も右も「右脳」の性質を持つマウスを発見しました。

 今後、脳の左右差を決めるメカニズムの解明に役立つものと考えられます。研究グループが注目したのは、ダイニンというたんぱく質に異常があるivマウスと呼ばれる突然変異マウス。このマウスの赤ちゃんは、50%の確率で体の中身が全て逆転していますが(心臓が右にあるなど)、残りの半分は体の中身が左右正常に生まれてきます。しかし、このiv マウスの体の左右が正常であろうと反対であろうと、記憶に重要な脳の神経回路は、左も右も「右脳」の性質を持っていることがわかりました。これによって、脳の左右差が体の中身とは異なる独自のメカニズムでつくられていることもわかりました。

 本研究成果は、on line 科学誌「PLoS ONE」に平成20年4月16日付け(米国:太平洋標準時)で掲載され、広く一般公開されています。(URL:http://www.plosone.org/doi/pone.0001945

 本研究に関するプレスリリースはこちら