NEWS

満開の桜の中 入学式

公開日:2008.04.08

 

トピックス

誓詞を朗読する新入生総代の川畑陽子さん(教育学部)
会場入口で資料の入ったUIファイルボックスを手にする新入生
 平成20年4月8日(火)、「平成20年度入学式」が福岡国際センターで催され、11の学部と21世紀プログラムの計2,675名が新たに九州大学生となりました。

 梶山総長は「科学・技術の進展と有効利用が、地球上で最も平和な武器。大学の勉強の最終目標は、社会や人類への貢献だと言っても過言ではない」「若い日はあっという間に過ぎ去ることを自覚して、1日1日を有効に過ごし、九州大学生活を実り多い有意義なものにしてほしい」と告辞を述べました。

 続いて、新入生総代の川畑陽子さん(教育学部)が、「私達は本学教育の趣旨を体して、自立の精神を重んじ、学術を極めると共に自ら人格の陶冶につとめ、社会の期待にそうことを誓います」と誓詞を朗読しました。

 また、インド工科大学ボンベイ校のアショク・ミスラ校長が来賓として列席して、「技術は価値創造への道」として、グローバル化によって頭脳労働者を生み出す高等教育機関が世界水準の教育を行う必要に迫られている今日の現状に言及し、「ぜひよき世界市民となって、それぞれに選択した職業で活躍してください」と祝辞を述べました。

 式の後、会場を出て先輩達の祝福を受けた新入生たちは、資料の入ったUIファイルボックス(芸術工学の学生も参加するUIプロジェクトチームがデザイン)を提げて、満開の桜が待つ所属キャンパスに向かいました。

【写真】
(上)誓詞を朗読する新入生総代の川畑陽子さん(教育学部)
(下)会場入口で資料の入ったUIファイルボックスを手にする新入生

【総長告辞】
全文はこちらに掲載しております。