NEWS

延世大学(韓国)と共同シンポジウム開催

公開日:2008.02.19

 

トピックス

Image
Image
Image

   平成20年2月13日(水)~15日(金)、九州大学のグローバルCOE“未来分子システム科学”と延世大学(韓国)のInstitute for NanoBio Molecular Assemblies(BK21)は共同で「Future Molecular Systems」と題する共同シンポジウムを開催しました。

 

 初日の13日(水)、伊都キャンパスに到着した延世大学の教授、学生らからなる一行20人は、シンポジウムに先立ち、超高圧電子顕微鏡室や工学研究院の研究施設を見学しました。最先端の設備が整う環境のもとで進んでいる研究の様子に、興味深い面持ちで多くの質問を投げかけていました。(写真上)

 

 君塚信夫工学研究院教授(本学グローバルCOE“未来分子システム科学”リーダー)とDongho Kim延世大学教授(BK21 リーダー)の開会の挨拶で始まったシンポジウムは、2日目、3日目ともに双方の研究者からの最新の研究発表が行われ、終始活発な質疑応答がなされ盛況のうちに終了しました。特に、2日目の午後には、学生セッションとして、学生主体の研究発表会が行われ、その後のポスタ−発表等、学生レベルでの相互理解を深められるような工夫が随所に見受けられました。

 

 

学術交流協定も締結
 九州大学と延世大学は平成6年10月に大学間の学生交流協定を締結していますが、この度、九州大学のグローバルCOE “未来分子システム科学”と延世大学(韓国)のInstitute for NanoBio Molecular Assemblies(BK21)の間でも学術交流協定が締結されました。(写真下) 双方とも分子素材やナノシステムに関する世界最先端の研究が行われており、学生交流を中心に、相互に研究・教育の発展を目指します。


 

(BK21とは)
Brain Korea in the 21st Century (BK21) program は、韓国文部省が大学院改革のために立ち上げたプログラムのこと。自然科学、人文科学、工学にまたがる全分野から、選りすぐりのプログラムが採択され大規模な予算補助がある。