NEWS

水素先端世界フォーラムを開催

公開日:2008.02.14

 

トピックス

Image
Image
 平成20年2月6日(水)、昨年に続いて第二回となる「水素先端世界フォーラム」(主催:独立行政法人産業技術総合研究所(以下「産総研」)、九州大学、福岡水素エネルギー戦略会議、九州大学の文部科学省21世紀COEプログラム「水素利用機械システムの統合技術」グループ)が福岡で開催されました。

 開会式では、主催者である山崎正和産総研理事と梶山千里九州大学総長、そして東義福岡水素エネルギー戦略会議幹事長(新日鐵エンジニアリング取締役)が、水素と材料に関わる先端的基礎研究を進めて水素利用社会の早期実現を目指す決意を述べました。これに対し、来賓の遠藤健太郎経済産業省資源エネルギー庁燃料電池推進室長と麻生渡福岡県知事が、国と福岡県それぞれの取り組みを紹介し、支援の継続を約束しました。

 この後、セッション1は「世界の水素ビジネスと開発戦略」を、セッション2は「水素エネルギー研究開発の最前線」をテーマに、米国水素協会のジェフリー・サーファス会長など欧米の水素協会、大学、研究所、自動車会社、NEDO、そして九州大学の研究者たちが、水素をめぐる世界の状況や研究の現状を紹介しました。

 翌7日(木)には、応募した市民による九州大学伊都キャンパス視察ツアーが行われ、産総研と九州大学の連携・協力の下に進められている水素プロジェクトの各施設などを視察しました。また、水素関係の研究者・学生等が参加した各研究チームのワークショップも開催されました。

【写真】
(上)フォーラムでは世界各国の研究者から水素エネルギー開発の研究状況が報告された。
(下)水素材料先端科学技術研究センターの研究成果を報告する村上敬宜センター長