NEWS

トピックス

公開日:2015.03.20

公開セミナー「企業の社会的責任(CSR)における人権」を開催

トピックス

写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)
写真(画像をクリックすると別ウィンドウで大きく表示されます)

 平成27年3月13日(金),JR博多シティ会議室(福岡市博多区)にて,公開セミナー「企業の社会的責任(CSR)における人権」を開催しました。本セミナーは,法学研究院リサーチコア「国連グローバル・コンパクトの法学・政治学的研究」(研究代表者:大賀哲准教授)が九州CSR協会(会長:吾郷眞一元副学長,同名誉教授,現・立命館大学特別招聘教授)との共同で開催したものです。
 セミナーの第I部では,まるは油脂化学株式会社の林眞一社長より,健康や環境に配慮した事業についてその取組事例の紹介がありました。
 続いて第II部では,アジア太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)の白石理所長から,国連職員として人権関連部局に勤務されていた経験と知見を踏まえ,OECD多国籍企業ガイドライン,国連グローバル・コンパクト,国連「ビジネスと人権に関する指導原則」,ISO26000など,ビジネスと人権に関わる国際規範について説明がありました。また,CSR(Corporate Social Responsibility=企業の社会的責任)とCSV(Creating Shared Value=共通価値の創造)という議論に触れ,企業の事業の中に人権や環境などの社会的関心事,社会的ニーズを取り込むことの重要性についての議論も紹介されました。
 セミナーには実務家,企業家,大学生など40名余りが参加し,フロアからは人権教育についての具体的な方法など活発な質問があり,盛況のうちに終了しました。
 なお,本年6月と9月にも同様のセミナーを開催予定で,6月は障害者雇用を,9月はグローバル企業のCSRをテーマとする予定です。

【写真】
(上)林社長による講演
(下)白石所長による講演

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る