NEWS

トピックス

公開日:2006.09.28

伊都キャンパスにヒマラヤザクラを植樹 [09/26]

トピックス

挨拶をする伊藤ゆき代表幹事 昨年10月に誕生した伊都キャンパスでは、生態系への影響に配慮し、自然と共生する環境に優しいキャンパスの実現を目指し、学生や教職員だけでなく地域の住民の方々に自由にキャンパス内の緑に親しんで頂けるスペースづくりを行っています。

 この度、「日本ネパール国交樹立50周年記念協力会」のご協力のもと、ネパールのヒマラヤザクラを伊都キャンパス内に植樹し、春は日本桜、秋はヒマラヤザクラを楽しめるスペースを造成することになりました。




植樹を行う伊藤ゆき代表(左)と梶山総長(右)平成18年9月26日(火)、伊藤ゆき「日本ネパール国交樹立50周年記念協力会」代表幹事、三重野栄子「アジアの子どもと女性教育基金の会」会長、小川周一「九州大学移転対策協議会」会長、梶山千里九州大学総長など関係者50名以上が出席し、ヒマラヤザクラ植樹会が開催されました。


 植樹会では梶山総長の挨拶に始まり、有川理事(新キャンパス担当)による伊都キャンパスの概要及び周辺の緑地計画の説明の後、伊藤ゆき代表幹事、小川周一会長が来賓挨拶を行いました。その後、高さ1メートルほどに育ったヒマラヤザクラの苗木10本の植樹を行いました。


ウェスト2号館を望む現在、サクラをはじめとする植樹を促進するため「サクラ植樹促進基金」を設け、皆様からの寄附を募っております。今後とも伊都キャンパスを訪れた方々にとってさらに潤いのあるキャンパスになるよう整備を行っていきますので、皆様のご協力をよろしくお願いいたします。


「サクラ植樹促進基金ご協力のお願い」[pdf] 

「サクラ植樹促進基金申込書」[Ward文章] 

 担当:九州大学総務部総務課
   [住所]福岡市東区箱崎6-10-1
   [TEL]092-642-2107
   [FAX]092-642-2113
   [MAIL]syssomu1@jimu.kyushu-u.ac.jp


「サクラ植樹促進基金」による整備地情報等[pdf]


このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る