NEWS

トピックス

公開日:2006.09.12

最新鋭の機器で予防医療 -先進予防医療センターを開設

トピックス

 ※九州大学病院 先進予防医療センターは2013年9月末に業務終了しました。

 九州大学病院では、今後ますます病気の早期発見・早期治療という予防医療の重要性が高まることが予測されるため、平成18年9月1日より、専門ドックを行う「九州大学病院先進予防医療センター」を東区馬出の病院キャンパスに開設しました。

 同センターには、がんの早期発見を目的としたがんドック、女性特有あるいは女性に頻度の高い疾患の早期発見を目的としたレディースドック、心筋梗塞の早期発見を目的とした心臓ドック、脳卒中の早期発見を目的とした脳ドックの4つのコースがあり、平成19年1月からはPETを加えたPETがんドックも開設の予定です。これらのドックでは、最新鋭の検査機器を用いて先進的な検査を行います。

 またセンターの特徴として、ひとりひとりの受診者の検査データを、本院が誇るがん、心臓疾患及び脳血管疾患の専門医が詳細に検討して総合診断を行い、受診者に最新の画像表示装置を用いてわかりやすく説明するシステムを作りあげました。そのうえで、精密検査や治療の必要があると診断された場合は、受診者の希望に応じて九州大学病院の各専門診療科あるいは専門医療機関を紹介します。


◆先進予防医療センター
  電話:092-642-5746
  場所:福岡市東区馬出3丁目1-1(病院キャンパス)

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る