NEWS

トピックス

公開日:2006.09.05

九大チームがグランプリ獲得! -MIT-EFJ第6回ビジネスプランコンテスト・イン・ジャパン

トピックス

 特定非営利活動法人日本MITエンタープライズ・フォーラム(MIT-EFJ)が主催する「第6回ビジネスプランコンテスト・イン・ジャパン」 において,九州大学チームが提案したビジネスプラン『次世代型スパム検出システムの販売及びサービスの提供』が,最優秀賞(グランプリ)を獲得しました。

 本コンテストは,21世紀の日本経済とイノベーションの旗手となるテクノロジーオリエンテッドなベンチャー企業の創造を目指しMIT-EFJが開催しているもので,8月30日に最終審査発表会が都内で開催されました。

 今回グランプリを獲得したのは,大学院システム情報科学研究院情報理学部門情報理学専攻の池田助教授,御手洗特任助手,修士2年の成澤君をメンバーとするチームです。
 このチームは,経済産業省広域的新事業支援ネットワーク拠点重点強化事業(大学発ベンチャー型:大学発ベンチャー支援者ネットワーク)に採択され,知的財産本部が中心となり昨年度から実施・運営している「福岡地区大学発ベンチャー支援者コミュニティ形成事業」のビジネスプラン・新事業等評価事業(通称:綾水会)で,池田助教授がプレゼンしたことをきっかけに結成されました。

 その後チームは,同事業の「ビジネスプラン作成セミナー」に参加し,ビジネスプランを作成。そのビジネスプランをベースとしたもので今回のコンテストに応募し,見事グランプリ受賞となりました。

 今回の受賞を受け,チームの今後の活躍が期待されます。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る