NEWS

トピックス

公開日:2006.08.11

内野健一名誉教授 内閣総理大臣賞を受賞 [08/11]

トピックス

内野名誉教授と梶山総長 記念撮影 内野健一名誉教授が、平成18年7月3日、平成18年安全功労者内閣総理大臣表彰を受賞しました。

 安全功労者内閣総理大臣表彰は、国民の日常生活の安全を脅かす産業災害、交通事故、火災等の災害発生防止に功績のあった方を表彰するもので、毎年7月の「国民安全の日」に表彰式が行われています。今回、交通安全、学校安全、産業安全、火災予防、原子力安全、山岳安全の各分野で25の個人・団体が受章しました。

 内野名誉教授は、中央鉱山保安協議会委員等を歴任し、鉱山保安技術の専門的知見に基づき、鉱山保安の確保、保安技術の普及や保安教育の推進に中心的役割を果たし、日本の鉱山保安の向上に多大な貢献をしたことが評価され今回の表彰を受けました。

 8月11日(金)、内野名誉教授(写真左)が梶山総長を訪れ、表彰状や記念品を前に記念撮影を行いました。

このページの一番上に戻るこのページの一番上に戻る